チームプラチナの仕事

住まいを守る屋根葺き替えの流れ

下から見た屋根

状態は築 25 年目の屋根材です。
下から見ても、痛み具合が分からない屋根。
雨漏りがあってからでは!
遅いですね

屋根に上がって地価調査

屋根の色あせ 写真は、スレート瓦のアップです。10年前に塗装された塗膜が剥がれ、セメント成分の瓦に吸水し、瓦表面にダイダイ苔が発生しています。

棟の金属部分のサビ 写真は、カラー鋼板(トタン)のサビ、リフォームサインとして塗料の色あせ(退色)があります。サビは、進行すると腐食によって穴が開くことがあるので注意!

ケラバ上部からの漏水 漏水箇所で、多いのがケラバと呼ばれる屋根の雨仕舞の部分です。新築の板金処理の雨仕舞や塗装の時に行われるシーリングなどをキチンとできていないと、漏水して、下地を
腐食させます。

剥がしてみないと、下地の状態は?経験のある職人は、屋根に上がって踏んだだけでも下地の劣化状況はわかります。結露や漏水の
ご心配はありませんか?

屋根の葺き替えを成功させるためには、正確な積算が第1歩です。
当社では、図面を基に専門の「積算ソフト」で、正確な屋根などの面積を算出しています。

経年劣化で、防水シートにシワが寄り、劣化が激しい状態がわかります。
実際に雨漏りを防いでいるのは、2次防水層といわれる「防水シート」です。
一般的に、化粧スレートと密着する防水シートの寿命は、25年と言われています。

屋根材、防水シートを剥がした野地板・下地材の写真。野地板は腐食し、下地材まで漏水していました。

どんなに高級な屋根材を施工しても、下地が悪ければ長持ちすることも、雨漏りを防ぐ
こともありません。
見えなくなる下地をきちんと施工することも、地元職人直営店の仕事です。

雨仕舞の防水シート(ゴムアスファルトルーフィングを)貼りました。
もちろん、防水性・耐久性などの下葺き材の基本性能はOK!
この時点で、雨が降っても大丈夫です。

屋根材を1枚1枚貼ります。ガルバニウム鋼板は、化粧スレートより軽く、建物全体の重量・建物にかかる地震の力を小さくします。耐震性に優れた住まいつくりをサポート
致します。

リーズナブルな費用で、工事期間も短い。
メンテナンスフリー・アスベスト対策・
耐久性アップ。これで、完璧ですね♪

ケラバ上部からの漏水

屋根の下地状態、屋根裏(小屋裏)の熱気や湿気は、下地木材の劣化の原因。屋根裏の換気で、健康な環境つくり!

ケラバ上部からの漏水
  • 屋根工事 葺替え・カバー工法
  • 屋根工事 遮断・断熱
  • シロアリ駆除
  • 雨樋交換工事
  • 玄関ドア 5つのリフォーム・メンテナンス方法
  • シーリング工事について
  • 塗替え 料金表
  • 我が家の建物診断
  • 一級技能士集団紹介
  • 一級建築施工監理技士からアドバイス
  • カラーシュミレーション
  • 外装リフォーム相談室
職人募集
施工事例はこちら